椿油ができるまで

椿油ができるまで

品質のためには手の抜ける工程はひとつとありません。

収穫前のヤブ椿の実
ヤブ椿の実  毎年9月頃、島のヤブ椿にはたわわに実をつけます。

長崎県五島のヤブ椿の花は早いものでは12月から咲き始め
遅いもので4月まで咲きます。
小さな実をつけてから約半年間かけて
9月初旬から中旬の収穫期を迎えます。


●原料のこだわり
長崎県・五島列島は全国有数の椿油の産地です。
原料は五島産のヤブ椿の実に限定して搾油しております。

収穫作業
収穫作業 木を見上げながらの作業になります。

椿実の収穫は9月に入ってから行いますが
木に登ったり、高くて手が届かない場所は
専用のカギを使って収穫したりします。
足場の悪い所の作業ですから、大変重労働です。


 

天日乾燥・選別
天日乾燥 殻を取り除き、天日で5日ほど
じっくり乾燥させ未成熟な実を取り除きます。

収穫された椿実はそのまま天日に乾して皮を開かせます。
それから中の黒い実を取り出します。
その黒い実をさらに天日で5日程度乾燥させ選別を行います。
この工程の作業は椿油造りの中でも
もっとも大事な作業のひとつです。

●選別のこだわり
原料の椿実は天日で乾燥させて一粒一粒選別します。
手間と時間と経験を必要とする仕事ですが
高品質の椿油をつくるには手を抜けません。

粉砕
粉砕 ヤブ椿の実を細かく粉砕します。

椿油の搾油作業で最初の作業です。
椿実を生のまま粉砕機にかけて小さな粉にします。 

蒸し上げ
蒸し上げ  粉砕した椿の実を蒸気で20分ほど蒸し上げます。

釜戸にたき木を入れ、作った蒸気で粉砕した椿実を蒸します。
この時の蒸し加減が椿油の良し悪しを大きく左右します。
蒸し加減は長年の経験と勘で見極めています。


詰め込み
詰め込み  玉締め機(搾油する機械)に蒸した椿実をしっかり詰めます。

蒸した椿実は熱が冷めないうちに、手早く玉締機に詰め込みます。


圧搾
圧搾 ゆっくり圧力をかけて搾油します。

一般に、椿油として余分なものを抽出しない搾油方法といわれ
しかも一番しぼりの椿油ですから、品質には絶対の自信があります。


●搾油のこだわり
当製油所では昔ながらの「玉締め式」による
一番絞りだけをおこなっています。
椿の実を蒸すのには山の湧き水と薪をつかって
じっくりじっくり搾っています。 

ろ過
ろ過  不純物をろ過して取り除きます。

搾油した椿油は最後に紙だけを使ってろ過します。
化学薬品とか添加物は全く使用しておりません。
椿油の原料となる椿実は五島のヤブ椿の実だけを使用しており
100%純粋な五島の椿油ですので、安心してご使用いただけます。


●低温で白濁したり、固まったり、沈殿が生じることがありますが
品質に変わりはありません。