椿油のつかいかた

椿油のつかいかた
頭髪につかう  頭皮に栄養を与え、髪にハリとうるおいをあたえます。
かたい髪やパサついてひろがる髪をしっかりとまとめます。

●洗髪後、軽くタオルで乾かし2~3滴の椿油を手に取り
頭皮と髪になじませます。(髪の長さに応じて量は調整)

●頭皮はマッサージするように、髪には薄くまんべんなく


肌につかう  椿油の成分は人間の皮脂に近く、肌にしみこみ
しっとりと潤いをたもち、そしてベタつきません。

●お風呂あがりに、少量を手のひらでのばして、肌にやさしく
なじませてください。(つけすぎにお気をつけてください)
※注意
肌質によって、あわない場合がございます。念のため、最初は部分的につけてお肌にあうかどうか確認しておつかいください。


料理につかう 主成分はオレイン酸。
酸化しにくいから、ながーく使えます。

●揚げ物から炒め物、ドレッシングまでお使い頂けます。

※注意
椿油は熱伝導性が高く、ほかの油に比べ高温になりやすい性質があります。揚げ物をする際は、普段より火力を少し弱めてお使いください。 



当製油所のほか五島市内の製油所で組織する、五島市椿搾油部会の
おすすめ料理レシピをご活用ください。↓こちらから

五島市椿搾油部会